酒が原因となるいびき

飲酒が原因となるいびきを改善する方法について

飲酒が原因となるいびきを改善する方法について
解説しいます。

 

いびきの原因を一言で言うと
「寝ている間に気道が狭くなってしまうこと」です。

 

特に寝る前にお酒を飲んだ夜は、いつもは静かに
眠れている人であっても翌朝に家族から苦情が
出るような大きないびきをかいてしまうことがあります。

 

お酒の量が増える年末年始シーズンや旅先で
ついつい寝る間際まで深酒してしまった後にも、
お酒が原因となるいびきに悩まされる人は多いのではないでしょうか。

 

飲酒によるいびきの原因はいくつか考えられますので、
以下にご説明します。

 

1.咽頭の筋肉が緩む

 

飲酒後、アルコールのリラックス作用により舌や
咽頭の筋肉が緩んでしまうことがあります。

 

そのため鼻から喉の奥までの空気の通り道が
いつもより狭くなってしまい、それが原因でいびきを
かきやすい状態になってしまいます。

 

2.鼻腔の血管膨張による鼻づまり

 

アルコールの作用で鼻の血行がよくなり、
鼻腔の血管が膨張して鼻づまりが起こることがあります。

 

すると鼻呼吸がしにくくなり、口をぱかっと開いて
口呼吸するようになるため、舌の付け根が喉の方に
落ちて気道をふさいでしまうことが原因となり
いびきをかきやすくなってしまいます。

 

3.呼吸数がいつもより増える

 

アルコールを過度に摂取すると体内で酸素が不足し、
それを補うために呼吸が通常よりはげしくなることがあります。

 

するといびきをいつも以上にかきやすい状態になってしまいます。

 

以上のような原因があることがわかりましたが、
それではいびきを軽くするにはどうしたらよいでしょうか。

 

以下に、予防と対策を記します。

 

1.酔いが冷めてから就寝する

 

アルコールを摂取しすぎないこと、飲んだ後すぐに
眠らないことで、睡眠中に咽頭の筋肉が
弛緩しにくくなります。

 

2.仰向けに寝ない

 

仰向けに寝ると舌や粘膜が落ち込み気道を
ふさぎやすくなりますので、なるべくうつ伏せが
横向きで就寝するようにしましょう。

 

まくらを低くして気道を狭めないこともおすすめです。

 

いかがでしょうか。

 

その他にもいびきには生活習慣病や太りすぎといった
要因もありますのでアルコール摂取以外の面でも気を付けて、
質の良い睡眠と健康を獲得していただきたいと思います。

 

その他にも、いびきに関する情報を紹介していますので
気になる方は、いびきを解消するにはからご覧ください。