喉いびきの原因

喉いびきの原因と対応策について

喉いびきの原因と対応策について、こちらで
紹介しています。

 

喉が原因でいびきをかいてしまうのでは…と
気になっていた方は、どうぞご覧ください。

 

いびきをかきやすい人の原因は、
喉にあるといわれています。

 

寝ている間に口呼吸になり、喉に舌が落ちこむと、
いびきをかいてしまうのです。

 

十分に気道を確保できず、息が詰まりそうになって
起きるケースも多いです。

 

このような喉いびきの原因には色々とあり、
1つは、生まれつき喉が狭いタイプの人に
多いといわれています。

 

2つめは、鼻詰まりを起こして鼻呼吸ができなくなり、
口を開けて寝ているといびきをかくというわけです。

 

さらに、肥満体質の人に喉いびきが多い理由は、
喉周りの脂肪によって、気道が狭くなってしまうことです。

 

酷くなると睡眠時無呼吸症候群という、
いびきをかきながらも、一定時間呼吸が止まるという
怖い病気も招くので、十分に注意したいですね。

 

手っ取り早く解消する方法としては、仰向けに
寝るのではなく、横向きで寝てみると呼吸がラクになります。

 

気道が狭くなりにくいことと、口を開けづらくなるため、
喉いびきを予防することができるのです。

 

また、寝具が体に合っていないと、
いびきをかく原因にもなります。

 

沈みこむタイプのマットレスだと、首や肩に
負担がかかりやすくなるため、喉を圧迫する原因になります。

 

それから枕に関してもかなり重要で、高くて固めのものだと、
喉を締め付ける原因になるので気をつけてください。

 

なるべく首周りの筋肉を圧迫せず、
適度な高さの枕を選んでおくと安心です。

 

このように、いびきの原因はなかなか1つに
特定するのが難しく、習慣化されてしまうので
対応が遅れることも多いのです。

 

たかがいびきくらいと思っていても、睡眠時無呼吸症候群のような、
大きな病気が隠れていることもあります。

 

安易に考えていると、病気にサインを
見逃す原因になるので、十分に注意してください。

 

自分では分からないこともありますから、パートナーに
聞いてみるなど、詳しい症状について知ることから
始めてください。

 

喉いびきは、口呼吸から鼻呼吸に変えるだけでも
防げますので、早めの対応を心がけましょう。

 

そして、いびきを体に負担をかけることなく改善できる
方法がありますので確認してみたい方は

 

>>喉のいびきも改善できる方法

 

からご覧くださいね。