いびき予防にテープ

いびき予防にテープがおすすめ!?

テープを使っていびきを予防しようと思ったことはありますか?

 

私の親友が久しぶりに泊まりに来た時、
びっくりしたことがあります。

 

「先にお風呂に入って貰って、寝ててね」と言って、
1時間ぐらいして部屋に入ったら、凄いいびきをかいて
寝ていたのです。

 

あまりにもうるさかったので、眠ることが出来ず、
一寸蹴って「うるさい!」と何度か小声て伝えると、
しばらく静かに。

 

でもまた轟音が。結局朝まで寝ることが出来ませんでした。 

 

彼女は仕事も家の事も忙しく、自分の体をケアする
時間もないので、ここ数年で太ってしまいました。

 

お酒が好きで、疲れたら結構な量のお酒を飲みます。
これらすべてがいびきの原因だと思います。

 

友人なので、「もう、今度から私の後に寝てもらうからね」と
冗談で言うと、「今度、テープでも持って行こうか?」と。

 

私は何のことを言っているのかわからなかったのですが、
いびきを抑える、いびき防止テープがある事を教えてくれました。

 

どれほどの効果が期待できるかわからなかったので、
テープを実際に使ってみて、いいようだったら、
今度うちに来る時に持参してもらうことにしました。

 

自宅で試してみたそうですが、彼女の娘に聞いたところ、
いびきの音はそれほど変わらなかったそうです。

 

それに毎日、テープを張って寝るわけにもいきません。

 

酷いいびきをかいている人の特徴は、疲れが溜まっている、
太っている、お酒をよく飲むだと思います。

 

だから、いびきを予防するためには、兎に角、
休息をとって、体を休めること、そしてお酒を
飲み過ぎないことだと思います。

 

テープのような色々な予防グッズがあると聞いたので、
私もネットで調べてみましたが、いいと思うものは
ありませんでした。

 

テープと同じで、何か特別な予防グッズを使っても、
根本的な解決には至らないと思います。

 

それでも忙しい彼女は、手っ取り早く、簡単な予防法を
試そうとしていたので、反対しました。

 

大切な親友の事なので、このまま放っておくことも出来ず、
まずお酒を控えることを提案しました。

 

次に、定期的にマッサージに行って、
体の疲れを取ってもらうことを勧めました。

 

稼いでいるお給料を自分のために使うことが出来ないので、
安い予防グッズでいいんだと言っていましたが、自分の体のことを
真剣に考えるように伝えました。

 

自分で自分の、あのいびきを聞いたら、
そんな予防グッズで対応できるはずないとわかるはずです。

 

マッサージはちょっとお金がかかるからと、とりあえず、
お酒を控えて2年。

 

それでも、まだいびきの音は大きいと、彼女の娘は言っています。

 

そんな時は、

 

>>いびきを治す方法

 

を確認してみてはいかがでしょうか。