いびき対策で横向き

いびき対策として横向きで寝る場合の注意点や効果的な方法

いびき対策として横向きで寝る場合の
注意点や効果的な方法を紹介しています。

 

いびき対策で横向きは効果があるのか?と
疑問を持っている方はご覧ください。

 

就寝時のいびき、とても気になりますよね。

 

なかなか自分では気づきにくく、対策が
取りづらいものです。

 

誰かの指摘で初めていびきをかいていることを
知ったという人が多くいるかと思います。

 

周りの人にも迷惑をかけてしまういびき、
意外にも横向きになる寝姿勢によって
改善できるかもしれません。

 

まず、いびきがでるメカニズムは肥満などの
何らかの原因で、気道が狭くなる場合が多くあります。

 

舌が大きかったり、顎が小さい方もこの場合に
当てはまります。

 

このような原因で気道が狭くなっている人が
仰向けで寝るとどうでしょうか?

 

といっても仰向けでいびきを解消する方法も
ありますので、

 

>>いびきの原因を解消する方法

 

からご覧ください。

 

脂肪や筋肉が喉に落ちこみ、さらに気道が
狭くなってしまい、いびきに繋がってしまいます。

 

いびきは無呼吸症候群などを引き起こす
原因にもなるので、一刻も早く対策を
考えなくてはなりません。

 

仰向けで寝ている方は、是非横向きに
寝てみることをオススメします。

 

横向きによって、気道を確保することができます。

 

この場合、うつぶせ寝も気道確保という意味で
いびき対策になります。

 

横向きに関して、いつも仰向けでしっくりこないという方は、
横向きになったときに腰にタオルを挟み、常に横向きになれる姿勢を
保つようにするとよいかと思います。

 

また、横向きに寝る枕も売られているので、
活用するのもよいでしょう。

 

いくら横向きやうつぶせ寝で対策をしてもやはり
いびきをかいてしまう。

 

いつのまにか仰向けになってしまうという方は、
いびき対策グッズを試してみてもよいかもしれません。

 

まずは口呼吸でいびきを誘発しないようにするため
鼻呼吸を促すブリーズライトのような鼻腔を広げるもの。

 

こちらは薬局でも簡単に買えるので、
手に入りやすいかと思います。

 

また、口を開けないための対策として顎を
固定するサポーターもあります。

 

慣れるまで違和感はあるかと思いますが
どうしても口が開いてしまう方は試してみる価値ありです。

 

他に身近な所としては枕の高さが合っていない
場合もあります。

 

枕の専門店に行かれると自分にあった枕を
見つけることができるので、寝具を見直すことも大事です。

 

このように寝姿勢やグッズを最大限に使って、
快適な睡眠ライフを送りましょう。