いびき予防は寝方を

いびきを予防したい時は寝方を変えると効果あり!?

いびきを予防したい時は寝方を変えると効果あると
思いますか?

 

いびき予防には寝方が関係していると
思っている人も多いかもしれません。

 

気になる方はどうぞご覧ください。

 

いびきに悩んでいる方は少なくありません。

 

いびきが心配で、友人や恋人との楽しい旅行の機会を
逃してしまう事もあります。

 

しかし、いびきをが心配だからと言って、楽しみにしていた
旅行を諦めるのは悲しすぎ。

 

いびきには原因があります。

 

その原因を突き止めれば予防することも可能。

 

一般論として、寝方の向きを横向きにするだけでも、
いびきを予防することができます。

 

仰向けで寝ていると口が上向きになり、開いた口から
空気が入りすぎて喉の奥や口の中が乾燥します。

 

また口で呼吸する癖がついてしまい、空気が気道を
通るために、いびきが発生します。

 

寝方を横向きにすれば口は自然と閉まるので、
鼻呼吸になります。

 

鼻で呼吸する習慣は、いびきを予防するために、
とても大切です。

 

寝方で予防できると思えば、気も楽になれるかもしれません。

 

仰向きで寝る習慣の人が横向きの寝方を安定させるためには、
どんな方法があるでしょうか。

 

例えば、大きめの枕で体を固定する方法。

 

横を向いた状態で、背中の側に枕をあてれば寝方が
安定します。

 

最初のうちは落ち着かないかもしれません。

 

寝方は多少、不自然になるかもしれません。

 

しかし、いびきを予防すると睡眠も深まり熟睡できます。

 

熟睡は気持ちを安定させてくれるので、気持ちよく
眠ることがでるはずです。

 

また、いびきを恐れて神経質になると、ストレスで
逆効果になってしまうこともあるのでリラックスすることが
大切。

 

口呼吸は体にとってもあまりよくありません。

 

鼻呼吸の習慣をつければ、いびき予防だけでなく
体全体にとって好ましい効果を期待することもできるでしょう。

 

「病的ないびき」でない限り、横向きの寝方にすることで
いびきは改善します。

 

つまり寝方は、いびき予防の鍵です。

 

もちろん、いびき予防は寝方以外にも
たくさんありますので、

 

>>いびき予防はコチラ

 

からご覧ください。

 

しかし、寝方で改善できない「疾病が原因で起きる」
深刻ないびきもあります。

 

「睡眠時無呼吸症候群」や「上気道抵抗症候群」などの
疾病です。

 

この場合は、就寝習慣だけで解決することはできません。
医師に相談することをおすすめします。