いびき対策は口呼吸

いびき対策は口呼吸に変える事から!?

いびき対策は口呼吸に変える事から!?

 

いびき対策を何から始めたら良いのか
分からないと悩んでいる人は、口呼吸に
変える事から始めてみてはいかがでしょうか。

 

人がいびきをしているか分かる人は
少ないと思います。

 

寝ている時は無意識なので誰かに気づいてもらわないと
分かりません。

 

そして、いびきは様々な理由が原因で起こります。

 

鼻がつまって口呼吸になっている場合なら良いのですが、
普段から口呼吸がくせになっている人は注意が必要です。

 

口呼吸はいびき以外にも身体にさまざまな
不調を及ぼします。

 

例えば虫歯や歯周病になりやすい、口臭の原因になる、
風邪を引きやすくなり、アレルギーを起こしやすくなるなど
様々な問題が生じます。

 

ですので、鼻呼吸に治す必要があります。

 

といっても鼻呼吸以外にもいろいろな方法がありますので
気になる方は>>いびきを治す方法からご覧ください。

 

 

では、何故口呼吸になってしまうのかその原因を紹介します。

 

まずは、舌の位置が下に下がってしまっていることです。
鼻呼吸と口呼吸の分かれ目は舌の位置が重要といっても
いいくらいとても大切です。

 

舌が下がっているかの判断はリラックスした状態で舌が
口の下についているかどうかです。

 

舌が口の中で下についている人は舌が
下がってしまっています。

 

また、日常的にマスクをしている人も口呼吸になるリスクを
増大させています。

 

さらに、タバコを吸う人も口呼吸になる原因になるので
出来るだけ吸わないようにした方が良いです。

 

では、簡単に鼻呼吸に戻す対策法を紹介したいと
思います。

 

まずは舌の位置を上につけるようにすることが重要です。

 

常に意識している事が必要ですが、日中意識のあるうちに
とにかく舌の位置を硬口蓋という位置につけることを
意識します。

 

そうすれば様々な病気にかかりにくくなったりいびきを
改善することが出来ます。

 

そして、一番危険な寝る時間にサージカルテープを
貼って寝ることも重要です。

 

サージカルテープを毎晩就寝前に口を閉じた状態で
縦に貼ってから寝る方法です。

 

口に対して横ではなく縦に貼ります。

 

縦に貼るので口がふさがれているわけではないので
安心してください。

 

そして、あいうべ体操で舌の筋肉を鍛える対策も
非常に重要です。

 

舌の筋肉を鍛える事で口呼吸の根本的な解決が
出来るので毎日ちょっとした時間があれば
行なうようにしてください。

 

このように口呼吸の対策法を紹介しました。

 

口呼吸はいびきだけでなく病気の原因になってしまうので、
上記で紹介した対策を行う事が大切です。

 

すぐには治る事は難しいかもしれないですが、これらの
対策を行なうことで徐々に解消していくでしょう。

 

いびきの原因は口呼吸なので対策をおこない
改善して言ってくださいね。